ご挨拶

ご挨拶

昭和52年10月(1977年)に六畳一間の教室で、1人の生徒と1人の教師で産声を上げた育英センター。

とても小さな学習塾での始まりも、一人ひとりの子どもと真剣に向き合い、「育てたい」「教えたい」という情熱を保ち続け。

約半世紀を迎えた現在、地域の皆様のご厚意のお陰で、富山・石川・福井の北陸全県にて、沢山の子どもたちと一緒に成長を続けています。


学習塾で子どもたちと長年触れ合う中、「学校を創りたい」「子どもたちともっと深く関わりたい」という想いが膨らみ。

念願の夢であった、富山県初の中高一貫校となる片山学園中学校・高等学校を、平成17年4月(2005年)に富山県富山市にて開校。

更に12年間の小中高一貫教育も実現すべく、これも富山県初の私立小学校となる片山学園初等科を、平成31年4月(2019年)に富山県射水市にて開校。

現在では、想い出の学び舎を巣立った数多くの卒業生が、国内外を問わず様々な分野で活躍しています。


AIやロボットなどの科学技術は、日進月歩で進化・発展を続け、多くの人々の生活を根源から変えてしまう勢いです。

そんな中、我が国も新しい教育の形を模索し、大きく変わろうとしています。

知識や技能だけでなく、思考力や判断力、表現力が重視され、主体性を持って多様な人々と共創する生き方が求められ。

未来を生きる子どもたちは、旧来よりも高度な力の実現が、必要となるのは間違いありません。


そんな変革期において、子どもたちが「自ら学ぼうとする心」「自ら成長しようとする姿勢」を育むため。

子どもたち一人ひとりの可能性を信じ、それを開花させ未来を切り拓く力を育めるよう、邁進していきたいと思います。


これまでの歴史と比較にならないほど、変化の激しい現代社会。

世界の政治経済が混沌としつつある中、我が国が今後も世界の一流国として存在し続けるためには、教育の再生が不可欠と考えます。

学校法人片山学園
理事長 片山 浄見