【中学生のみなさんへ】
国際科学探究(GSI)コース

高校から入学するコースです!
GSIから世界へ
「地球規模の人間」が羽ばたく!
価値造力

決まった手順でデータを処理するものや、用意された唯一解に無駄なくたどり着く仕事は、高性能な機械やAIが代替してくれる時代になりつつあります。21世紀型スキルの中核となる「価値創造力」は、知識を活用し、他者と共に新しいものを生み出す力のことです。そこには、現状把握からの課題発見力・課題解決力、解決に至る過程で働かせる論理的・批判的思考力も含まれます。GSIコースでは、豊富な課題研究の時間を通して、また教科の学習や様々な学校行事において、まだ誰も答えを知らない課題を見つけ、その解決に向けて主体的に取り組む中で、これからの時代をたくましく生き抜く力を育てます。

テクノロジーとの
存力

飛躍的速度で進化するテクノロジーは、もはや便利な道具としての域を超え、学習・生活・仕事といったあらゆる領域において、我々の日常生活を構築する環境そのものとなりつつあります。現在、片山学園では一人一台のiPadを貸与し、様々な学びの場面で活用しています。それに加え、GSIコースでは実践的なプログラミング教育も行い、種々の技術の性質を理解しながら自在に活用していく素地をつくります。

他者と生きる力

片山学園の授業では、グループワーク、ディスカッションなど、他者と力を合わせて課題解決に向かう学びが日常的に展開されています。その活動の中で、自分と異なる他者を尊重し、傾聴する姿勢が育まれます。そして、互いに力を合わせることで物事を成し遂げる喜びを知ります。3年間の学びの過程で、その他者は言語や国境を越えたより多くの他者へと発展し、将来大きなイノベーションを生む礎となります。

自分プロデス力

課題研究は、様々な知を得て深めるだけでなく、自分を知り、社会を知り、他者を知り、それらを意味の糸でつなぐ活動でもあります。つまり、自分とは何か(何ができるのか)を知り、それを誇らしく思うこと。自分はどんな領域で世界に貢献できるのかを知ること。そして、自己実現に向けてそれらを他者へ伝えられること。3年間の学びを通し、真の国際人に求められる力も深く強く育てます。

豊かな感性と
現力

現代の科学技術の分野には、“Art”が必要だと言われます。正解のない自由な発想力と自分の考えを伝える力こそ、AIには代替できない人間ならではの力だからです。GSIコースでは、本物の芸術に触れ、向き合う体験を大切にします。心震える感動を覚えることで、ものの見方・考え方は変化し深まり、個性豊かな表現力が培われます。

Englishスキル

在学中にCEFR※でB2以上(英検準1級以上)の英語力を養います。教科学習としての英語はもちろん、探究活動においても、高1での英語合宿、高2でのアメリカ研修、そして英語での論文作成・研究発表を通し、学術分野にまで対応できる「即戦力としての英語」を身につけます。

界に通用する素養と
学力をにつけ、未来の
グローバルリーダーが集う
ハイトップ大学へ!




3年間のカリキュラム
片山学園高等学校 GSIコース 1週間の時間割
週4時限の豊富な「総探」
「総合的な探究の時間」は普通科の標準が週1のところ、GSIでは週4時限を確保。必要な知識・技能を身につけながら、探究活動にじっくり取り組めます。
リベラル・アーツ主義
文理の類型分けをせず、高等学校の履修科目を幅広く学びます。教養も視野も広い人間に育ち、文系・理系どちらの進路も選択できます。
学際的な学び
「国際社会学」「地球環境学」というGSI独自の科目を設定します。教科を横断した課題解決型(PBL)学習を通し、知と知が生きて融合する創造的な学びを経験します。
片学生の1日
月~金はすべて7限まであり、土曜も年に10日ほど講座や授業があります。
GSIについての
Q&A
Q.一貫コースとの交流は?
体育大会や学園祭などの学校行事、委員会などの生徒会活動、毎日の部活動は、もちろん一緒に活動します。入学後すぐに一貫コースとの対面式もあり、一緒に学校生活を送る中で互いの仲間意識も高まります。
Q.大学入試には対応できる?
もちろん対応できます。文理には分かれませんので、進路選択の幅も広く考えることができます。また、学年が上がり受験が近づくにつれて、個々の志望校に応じた細やかな個別指導も行い、一般入試に対応する学力をつけていきます。
Q.コース変更できる?
カリキュラム(授業時数や進度)が異なるため、3年間GSIコースに所属します。途中でコース変更はできません。授業クラスは、芸術や体育など一部の教科で一貫コースと交わります。
Q.通学方法は?
通学生の約8割はスクールバスを利用しています。2021年度は11ルートのスクールバスが稼働しており、利用者の実情に合わせ、停留所を設けています。その他、地鉄バスも利用可能です。
Q.寮には入れる?
希望すれば入寮可能です。寮の見学もできますので、ぜひ一度ご相談ください。
Q.制服は?
一貫コースと同じです。
世界で「私」にしか
できない研究を!
21世紀に生きる「私」の課題は、社会や学術への貢献につながっていく
探究(課題研究)とは?
世の中には、二種類の問いがあります。ひとつは教科学習にみられる「答えのある問い」。もうひとつは「まだ答えのない問い」。社会で解決すべき課題や最先端の科学研究での問いは、後者に当たります。そして、「探究」で取り組む問いも後者です。
片山学園での課題研究は、自分の興味・関心と社会課題との重なりからテーマを見つけます。この課題は、世界でまだ誰も取り組んでいない「私」だけの課題です。そして、仮説を立て、見通しを持って実験・調査を行い、そこから得たものを分析していくと、最初に立てた仮説が正しかったのかどうか答えを出すことができます。この成果をまとめて発表するところまでが、一連の課題研究のプロセスです。つまり探究活動では、課題設定→情報収集→整理・分析→まとめ・表現という4つのプロセスを経験します。まとめて表現(=発表)するところで一つの課題についての活動は終わりになりますが、探究活動に終わりはありません。上記の活動をする途中や、課題が解決したことにより、また新たな課題発見・仮説設定が生まれ、さらに掘り下げていくことで研究は続いていくのです。
なぜ、探究の学びが必要?
探究で得られるスキルは、まず何より、実生活の様々な場面で「よりよく生きる」ために活かしていくものです。3年間の課題研究の活動を通し、自分の抱えている問題やぶつかっている壁に対して、どこに原因があり、どうやって解決すればいいのかを考えることができるようになります。言い換えれば、立ち止まって涙を流すだけでなく、いろんなアプローチを試し、解決していくための「ドラえもんのポケット」を自分の中に作っていくことになります。そしてそのスキルは、いずれ社会に出たときに当事者として遭遇する、より大きな規模の問題解決にも活かしていくことができます。
3年前は想像もできなかったことが日常になる、1年前に出した答えが正しいとは限らなくなる、そんな時代に私たちは生きています。常に変化し、様々なことが複雑に関係し合うグローバル社会(VUCA※ワールド)では、「私」の課題は他の誰かの課題でもあり、「私」の研究は世界を変えるイノベーションにつながります。2050年の世界で主役となるあなたは、探究の学びを通し、自分が存在していることの意味をも発見することができるでしょう。
※VUCA …
Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字をとって作られたもので、現代の経営環境や個人のキャリア環境を表現するキーワード。
自分の「好き」を
形にする
GSIの探究
「総合的な探究の時間」3年間のプログラム
学術探究
探究Ⅰで課題研究のプロセスを経験し、探究Ⅱでは自身の興味関心に基づいた課題設定から始めます。自ら発見した課題を探究することは、究極の学びのあり方です。教科書の枠を超え、教科間の枠を超え、複数領域の知が関連・融合していくことでしょう。あなたにしかできない研究は、世界を変える新しい発見につながるかもしれません。
ビジネス探究
探究Ⅰでは、地元の企業・日本の企業の取り組みと課題を知り、アイデアを考えます。それを踏まえ探究Ⅱでは、社会の課題を自ら発見し、その解決に向けてアイデアを実現可能な形にしていきます。最終的には新規事業の誕生を目指すこの過程で、創造力を発揮しながら新たな価値を創り出す「アントレプレナーシップ」(起業家精神)を養います。
キャリア講話
第一線で活躍されている経営者を招き、ビジネスの種となった課題意識や経験談を伺います。また大学の先生や研究者の方々をお招きし、普段の授業では得られない高度な知と出合います。そして、課題研究が自分の進路実現・自己実現と関わり、社会全体をよりよくする営為であると学びます。
本物に触れる体験
考査期間や夏季授業期間を活用した各種フィールドワークに加え、年に一度の芸術鑑賞会、学外での研究発表など、教科書と教室だけでは得られない“リアル”な体験を大切にします。五感すべてで受け止める「実感」は、研究活動にも人間性にも深みをもたらします。
English Skill
×
アメリカ研修
GSIの学びを支える柱は「英語」です。世界課題について英語でディスカッションする学校設定科目「国際社会学」に始まり、高1冬には英語合宿を行ってスキルのアップデートをはかります。そして高2では、学術・文化・政治・経済の中心地アメリカに赴き、ハーバード大・MITといった世界トップレベルの学生と交流します。自分が取り組んでいる世界課題についてディスカッションすることで、新たな知見も得られるでしょう。同時に、将来の活躍のフィールドを世界基準で考えていくための、大きなきっかけにもなるはずです。
国際科学探究コースは
こんな人を求めています!
  • 自分の好きなこと・興味のあることを調べたり考えたりすることが好きな人
  • 答えが複数あったり、まだ誰も知らないような課題を考えることに興味がある人
  • 自分と考えの異なる他者と対話したり、一緒に何かを成し遂げることが楽しいと思える人
  • 話し合いやレポート、発表など、自分の意見を表明する場で、自己表現ができるようになりたい人
  • 国際的に活躍できるだけの英語力を身につけたい人
  • 中学校段階での基礎学力を有する人
 
個別説明会の予約フォームについて
GSIコースについての質問や学校見学のご希望等がある場合は以下のアドレスにメールにてご相談ください。
また資料請求はこちらからお申込みいただけます。

お問い合わせ先:
ktym-hs@katayamagakuen.jp