Topics

日々の話題を掲載します

オーストラリア留学 研修日記⑧
八日目:2018.11.12 月曜日

2018.11.14 掲載

休み明けですが、みんな元気な顔で登校できました。
 土日2日間の過ごし方をたずねると、ホストファミリーとメルボルンへ行き、メルボルン・ビクトリーの本田圭佑選手の試合をスタンドから生観戦した生徒もいました。本田選手の先制ゴールを目の前で見て、チームも4対1で快勝だったので、とてもハッピーな休日だったようです。先週はオーストラリアでは珍しく寒い日もありましたが、今日は最低気温10度、最高気温30度とオーストラリアの夏らしい暑さになっています。
 本日、1限目はサイモン先生の英会話授業の3回目でした。本時の目的は “To reinforce animal vocab ”ということで動物についての語彙を強化するというものでした。オーストラリアのナショナルエンブレムにはカンガルーとエミューが描かれています。理由はどちらも後ろへ進むことができない動物なので、前へ前という国の意志をあらわしているとのことでした。ムーンリット・サンクチュアリーで見た動物やオーストラリア固有種についての意見交換のあと、4グループに分かれ、タブレットを使い、語彙力を競いました。オーストラリアの歴史や文化、ゴールドラッシュで移民が特に増えた時期について、オーストラリアで発明され世界に広がっているものなどについても学びました。
2限目は、こちらの中学1年生の授業に参加しました。まずは4人でグループになり、片山学園の生徒がグループ単位で現地生徒に日本語を指導しました。そのあと、“へびとはしご”というすごろくをみんなで行いました。サイコロをふって進み、カードをめくって日本やオーストラリアのクイズに答えて正解なら1マス進めるというものでした。こちらオーストラリアではゲームを通じて言語(外国語)を学ぶという活動が多いように感じます。
 3限目はテレサ先生に家庭科の授業をしていただき、ビスケット作りに挑戦しました。もちろん、レシピや手順はオールイングリッシュで説明されているのですが、内容はしっかりと理解できていたようでした。しかしそれ以上に、手際よく調理をするのがなかなか難しかったようです。また、使用したボールや鍋の洗い方も日本でのそれとは異なっていたり、料理用のエプロンが鮮魚店や精肉店で使用するようなぶ厚いもので、頭には三角巾を使わずに、帽子のようなものをかぶるなど調理実習の身支度については日本よりも厳しい一面があり、新鮮でした。
 ランチ後の4限目はバデイとともにそれぞれのクラスに分かれ、本日もオーストラリアでの授業を満喫できたようです。

 

以下は11/10(土)の生徒からのミニレポートです。

11月10日(土)中学3年 鳴鹿茉莉亜さん

 ショッピングに行きました。最初の頃と比べてお金の支払い方も分かってきたし、慣れてきました。また、ロープウエイに乗ってメルボルンの町をみおろせるところまで行きました。天気が良かったので町も海もとてもきれいでした。
 夕食を買いに行ったときに、サメが焼かれたものが売っていて驚きました。日本ではあまり見ない食材で興味を持ちました。実際に食べてみるとおいしかったです。日々の会話においては、自分の言いたいことが言えるようになり、相手の言ったことも聞き取れるようになったので今日一日がとても楽しかったです。
 ○昼食で食べた物 春巻、ポテトフライ、ドーナツ
○夕食で食べた物 ハンバーガー、フライドポテト、サメ、メロン

11月11日(日)高校2年 水上有紀くん

 今日はホストマザー2人共の両親の家を訪ね、その後香水を買いに行き、クリスマスショップにも行きました。家に帰ってきてご飯を食べてから、ホストバディのアイザックと一緒にビーチへ散歩に行きました。途中でアイスクリームの店に立ち寄ることにしました。僕は財布を持ってきていないことを伝えると、僕が払うよ、と言ってくれました。しかし、十分なお金を彼は持ってきておらず、電話でお母さんを呼びました。そして、僕はShare on youということができました。
 ○昼食で食べた物 SOUVLAKI
○夕食で食べた物 PASTA